canvas一覧

NO IMAGE

toDataURLの際にjpegと比較して軽い方を選ぶように

toDataURL()はpngの対応が必須実装なので、canvasが使えるブラウザは必ずpng出力が出来ます。 ですが、jpeg対応しているブラウザも多く、特に大きなアイコン画像などを扱うiconDecotterでは 実際のところjpegの方がだいたいは軽いので、今まではpngしか扱っていなかったのをjpeg対応するようにしました。

NO IMAGE

canvas.drawImagで貼り付ける画像を回転させる

さて今度は回転の話です。これはdrawImageの引数では指定できませんので、変形マトリックスを使います。これもまた2通りのやり方があります。 rotateメソッドでcanvasの変形をしてから、drawImageで貼り付ける transformメソッドでcanvasの変形をしてから、drawImageで貼り付ける

NO IMAGE

canvas.drawImageで貼り付け先のサイズを調整する

位置調整が出来たら、今度は拡大縮小についてです。これについてもいくつかの方法があります。 drawImageメソッドの引数で貼り付けサイズを指定する scaleメソッドでcanvasの変形をしてから、drawImageで貼り付ける transformメソッドでcanvasの変形をしてから、drawImageで貼り付ける

スポンサーリンク
iconDecotter-blog-contents-2




iconDecotter-blog-contents-2