噂のLINE BOTをiconDecotterで試してみた

LINE BOTのトライアルアカウントが登録できるようになったとの話を聞き、ちょっとばかり試してみようかといろいろやってみました。

BOT API Trial Accountのご紹介 | LINE BUSINESS CENTER

10000アカウント先着募集でしたが、もう締め切ってるみたいですね。

LINE BOTを作成するにあたって、参考にさせていただいた記事はこちらです。

LINE BOT API Trialでできる全ての事を試してみた – Qiita

LINE BOT APIを使ってPHPで画像検索BOT作ってみました | rui live note

LINE BOTをさくらのスタンダードプランでつくる – Qiita

ちなみに公式のリファレンスはこちら。
LINE Developers – BOT API – Overview

手順としては、簡単にまとめると下記のような感じです。

  1. LINE ビジネスアカウントを取る
  2. LINE BOTトライアルアカウントを取得
  3. アカウントの設定をする
  4. BOTのコールバックスクリプトをSSLが有効なサーバーに設置

あとは、LINE BOTの管理画面にあるQRを読み込んで、BOTを友だちに登録、トークを送ってみると動くはずです。

作ったもの

iconDecotter@LINE BOTです。
トークで送られた単語で検索して、検索結果の上位15件からランダムで1個選び、デコレーションして返してくれます。

LINE bot サンプル画面

環境

  • さくらレンタルサーバー
  • FreeBSD
  • PHP 5.6

仕様

  • 検索アルゴリズムは、WEBサイトの検索と同じ仕様です。(というか共有してる)
  • トークの単語は、検索指定が無ければタグ検索します。
  • 本体の検索同様、スペース区切りでAND検索になります。
  • ソート順序は、本家で言うところの「人気順にソート」した状態になります。
  • 検索結果からどれか1つ選ぶところは、完全にランダムです。
  • 先頭に「タイトル」「title」と入れ、スペースで区切って検索語を入れるとタイトル検索になります。
  • 先頭に「タグ」「tag」と入れ、スペースで区切って検索語を入れるとタグ検索になります。(現在は指定無しと同じ挙動)
  • 先頭に「ユーザー」「user」と入れ、スペースで区切って検索語を入れるとユーザー検索になります。(現在は指定無しと同じ挙動)
  • 検索指定の次に、「新着」「new」と入力して更にスペースで区切ると、人気順ではなく新着順で検索した結果から選ぶようになります。(例:「タイトル 新着 猫」で、タイトルに猫が含まれるフレームを新着順で検索します。)
  • デコレーションされた画像はサーバーにキャッシュされ、キャッシュが存在する間は保存できます。キャッシュは1時間程度です。

課題

  • 位置調整などは非対応。
    自動でそこまでやろうとすると、アイコン側とフレーム側の画像解析とか学習機能とか色々込み入ったことになりそう。
  • 位置調整しないなら、いわゆるパーツ系を除外するような仕様にしたほうがいいかも。
  • トライアル中は別にいいかと思うけど、こちらの記事の点は考慮したい。
    大量メッセージが来ても安心なLINE BOTサーバのアーキテクチャ – Qiita

そんなわけで


トライアルアカウントなので、途中で無くなる可能性高いですけど一応置いておきます。
友だちも50名までの制限がかかっていますのでご了承ください。

LINE BOTのトライアルアカウントに関しては、提供終了となったようです。
今後はMessaging APIでの提供になるとのこと。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です